犬・猫を専門に診察します。予防接種、避妊・去勢手術、健康診断、歯科処置

飼い主様の声

術創をさわろうともせず、出血もなくて、とても経過が良かったと思います。

ルークくん、レイくんの飼い主様

ルークくん、レイくんの
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

昨年、岡山で生活をはじめ、2匹の猫がお世話になることになりました。
ワクチンや去勢手術で昨年お世話になり、今年は左耳の肥満細胞腫でお世話になりました。
術創をさわろうともせず、出血もなくて、とても経過が良かったと思います。
これからもうちの2匹の大事なかかりつけ医としてお世話になると思いますのでよろしくお願いします。

レントゲンや検査結果を見せながら説明して下さるのが、とてもわかりやすく、安心してお任せすることができます。

ハルカちゃんの飼い主様

ハルカちゃん
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

忘れられません。
10月21日の朝、ぐったりして元気のない、飼い猫のはるかを連れて、開院前のあおえ動物病院の前で待っていました。
ドアが開くまでの数分間が、とてもとても長く感じられました。
前日、他の病院で(急性腎不全であれば、治療は)難しいと診断を受けましたが、どうしても、セカンドオピニオンをいただきたくて、その夜、自宅から通院できそうなところで、先進的な治療に取り組んでおられる病院を必死に探しました。
運よく、こちらの病院に辿りつくことができました。

診察の後、すぐ、3日間の入院と点滴、その間、泊りがけで診ていただきました。
見る見るうちに元気を取り戻していきました。
毎日通院して輸液だったのが、一日おき、二日おき、今では、週に二回の通院になりました。
おかげさまで、腎臓の数値も驚くほど下がり、まずいごはんは避けておいしいごはんだけ食べて体重も増え、通院がいやだと逃げまわるほど、すっかり元気になりました。
今は、腎臓病の新薬、セミントラの投与も始めました。
10月末には、看取ることまで考えていたのですが、本当にあきらめなくてよかったと思います。

数えてみれば、他の同居猫も含めて、もう23回も通院しています。
先生がレントゲンや検査結果を見せながら説明して下さるのが、とてもわかりやすく、安心してお任せすることができます。
注射のあと、「よくがんばったね。」と声をかけてもらっています。
一時、何も食べられなくなっていた、うちの猫に、食べやすいフードや療養食を紹介してくださり、食べられそうなものを楽に探すことができました。

待合室にもれてくる飼い主さんの声に、いろいろなご事情を垣間みることがあります。
ここは、命を預かるところなのですね。
先生、頼りにしていますので、お体を大事にしてくださいね。
輸液をしてもらっている先生の手が、どんどん傷が深くなっているのが心配です。
ところで、飼い猫に敬語を使われるのに、違和感を覚えます。
そういえば、他の動物病院で「○○ちゃんのママ」と呼ばれて、引いてしまったことがありました(笑)。
最近は、ペットは家族扱いということでしょうか。

これからも、長くお世話になることと思いますが、よろしくお願いします。

飼い主&動物からも信頼される先生なので、今後リピーターは増えると思います。

こなつちゃんの飼い主様

こなつちゃん
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

今回は、愛猫の避妊手術でお世話になりました。
切ったのは1.2cmだけということで、「あおえ動物病院にして良かったー。」と心から思いました。(近所の動物病院は、もっと切るらしいので)
そして、着せていただいた術後服がかわいいです!
猫も、出ている所はなめられるのでストレスは少なそうですし、家族が見てほっこりしています。
抜糸前日には、いつものようにかけ回っていました。

猫を飼うのは初めてなので、わからないことだらけで、手術前も何度か電話で質問させて頂きましたが、いつも優しく答えてくださり、「また気になることがあったら電話ください と言ってくださるので、とても安心できました。
ありがとうございました。

飼い主&動物からも信頼される先生なので、今後リピーターは増えると思います。
一人ですべてをこなすのは大変なので、受付・雑用などをしてくれるスタッフを1名雇われた方が良いのでは…と余計なお世話かもしれませんが、思ってしまいます。

色んな意味で若い先生に期待したいですね。

ハナちゃんの飼い主様

ハナちゃん
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

この度は愛犬はなの件で大変お世話になりました。
偶然の出会いではありましたが、はなの手術を無事にしていただき&順調な術後に家族全員で感謝しております。
生まれた当初からのホームドクターから、ソケイヘルニアの手術をすすめられましたが、乳腺腫瘍も3年ほど前から少しずつ大きくなってるのに指示がなくて不安に思っていました。
インターネットで岡山市内の動物病院を1日がかりで調べあげ、ホームページやブログであおえ動物病院の吉木先生の経歴やお人柄を拝見し、お任せしたいと思った次第です。
本音を言えば、初めて受診した病院でいきなり手術というのは、まったく不安がなかったわけではないですが。
面談中の印象とか、ダックス用の手術用糸を取り寄せると言われたときにお任せしても大丈夫と確信しました。
今後ともはなのホームドクターとして宜しくお願いいたします。
最初にお会いしたときにお話したように、色んな意味で若い先生に期待ですね。
頑張って下さい。

いつも先生の優しく、動物たちや家族に真摯に向きあう姿に本当に感謝しています。

マルちゃん、ポンタくんの飼い主様

マルちゃん、ポンタくん
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

2年前に私は、大切な家族を失いました。
死因は気管浮腫による窒息でした。
亡くなる数日前の夜、急に呼吸が、ゼーゼー、ガーガーと荒くなりました。
かかりつけの先生と連絡がとれず、近所の病院を受診したところ、「うちでは無理です。他へ…」と、診察台にも上がらせてもらえませんでした。
次に夜間診療を謳っている病院を受診しましたが、診察室に入るとすぐに担当医より「この子が、今、どんな状況か理解できているのか!!」と怒鳴られました。
ガーガーと肩で荒い息をする様子で、ただ事でない事は解っていましたが、その一言で、何も言えなくなりました。
かかりつけの先生に診てもらえるまでの数日間は不安で不安で、夜も眠れず、仕事も手につかない日々でした。
結局状況は改善せず、最後は他県にある"高度動物医療センター"にて治療を受けましたが、退院当日、自宅に戻り、数時間後に息をひきとりました。
本当に可哀想でした。
今でもあれで良かったのか…と自問自答する事があります。

今、我が家には、二頭のパグ'sがいますが、縁あって、こちらにお世話になっています。
いつも、先生の優しく、動物達や家族に真摯に向きあう姿に本当に感謝しています。
最近、「あの時(2年前)に、こちらの病院があれば、亡くなった子の苦しみや、私達の不安はもっと軽かったかもしれない…」と思うことがよくあります。

でも、今いるこの子達は先生とめぐりあえて幸せだなあ。
「あおえ動物病院」は、そんな気持ちにさせてくれる病院です。

先生みたいに丁寧で真剣な先生はじめてです。

ポンくん、マリーちゃん、マスクちゃん、ギズモくん、ボルトくん、
 シュークリームちゃん、コムギちゃん、ダイズちゃん、etcの飼い主様

ポンくん、マリーちゃん、マスクちゃん、ギズモくん、ボルトくん、シュークリームちゃん、コムギちゃん、ダイズちゃん、etc
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

うちには20匹の猫がいます。
1匹犬がいます。
元気で2匹いたら22匹でしたが、12月と4月に病気で亡くなりました。
前の病院ではちゃんとの説明もなく検査ばかりで結局わからないまま亡くなりました。

通り道で先生が開院されたことを知り、ポン(チワワ)のワクチンに、マリーちゃん(猫)の避妊手術、マスク(猫)の避妊手術をして頂きました。
先生はわかるように説明してくださいますし、丁寧に見てくださいます。
近いし、年中無休本当に助かります。
信頼出来る、うちの子21匹、すべて先生にお願いしようと思っています。
先生みたいに丁寧で真剣な先生はじめてです。
これからも本当によろしくお願いします。

今日はギズモ(猫)の去勢手術よろしくお願いします。

先生に色々質問したら、解りやすく説明してもらえるので助かります。

ちゃーくんの飼い主様

ちゃーくん
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

雑種猫「ちゃーくん」3歳です。
とても人懐こい子で、子猫の時、雨の中自分から「SOS」をしてきたので、保護しました。

それから丸3年、何事もなく元気に育ちましたが、ゴールデンウイーク頃から、よだれが出たり、あまりごはんを食べなくなり、少し痩せてきたので、「何処か動物病院を…」と探していたら、実家の母が、「青江に新しく出来たよ」と教えてくれたので、急いでネット検索!
動物病院紹介を見て「ここなら…」と思い急いで連れて行きました。

先生に色々話しをして、血液検査をした結果、重い「腎臓病」でした。
即入院、3日間の点滴治療。
少し数値が下がり退院しました。
それから2日に一度皮下点滴に行って、ご飯も食べ、少しですが体重も増えました。

先生に色々質問したら、解りやすく説明してもらえるので助かります。
「ありがとニャン」
ちゃーくんも病院行くときは、自分から籠に入ります。
「僕先生の事好きだニャン」
未だ3歳なので、1日でも長く一緒に居られたらハッピーです。

先生の言葉が、難病の子を看病する私たちの支えになっています。

マロンちゃんの飼い主様

マロンちゃん
飼い主様の声
▲画像をクリックすると拡大します

家の犬は難病です。
だんだん症状が悪くなってゆくのを見るのは辛く、もう諦めるしかないのかと悩んでいました。
でも、もう一度、相談だけでもしてみようと思い、飛び込みであおえ動物病院にお伺いしました。

先生は話を丁寧に聞いて下さり、状況は厳しいとも率直におっしゃいました。
話の内容はシビアでしたが、反対に私の気持ちはとても楽になっていきました。
初めて気持ちを汲んでもらえたような気がして思わず涙ぐんでしまいました。

今、治療はお薬と点滴です。
なるべく体に負担がかからないようにして下さる先生の手はとてもやさしいです。
マロンも大きく体調を崩すことなく、安定して過ごしています。
私も、気持ちが前向きになってきて、これだったら病気が治るかも!と、少し希望がでてきました。

最初に「何かあったら、いつでも電話ください」と言って下さった先生の言葉が、難病の子を看病する私たちの支えになっています。
本当にありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いします。